Starman

今更ながらジギースターダストのリマスターアナログ盤を買った。家に可愛い3人の娘が居た頃、私がジギースターダストを聞くのが嫌だったのか、何度も飛び乗られ、爪の傷はつかなかったのだが、その時に垂らされたヨダレが盤を駄目にしてしまった。

最近、予備知識無く映画「オデッセイ」を見たのだが、勝手に「ゼログラビティ」的な緊張感あふれるSFだと思っていた。で、見終わった感想は「鉄腕ダッシュ」に近いものだった。
(「ゼログラビティ」もジョージクルーニーの出てるシーンは全部笑いがあり、もっといえば「ソラリス」で、ジョージクルーニー宇宙に居るだけで、私は面白いと思う。)
映画は絶望的な状況のなか、ディスコの名曲達が効果的に使われ、悲壮感なくストーリーは進む。

そして、デビット・ボウイのスターマンが流れると不覚にも泣けた。(まあ爺さんなので涙もろいです。)原作読んでないけど、火星にディスコミュージックしか持っていってない設定がメチャメチャ効いている。

48khzの音声で聴くスターマンは、どこまでも伸びやかで、スターマンは人間でも、宇宙人でもなく、希望に満ちた意思を持つ電波のようなものだと再確認出来る。
重力がちゃんと描かれてないのじゃないか?マーズパスファインダーじゃなくて、キュリオシティを使えばもっと上手く交信出来たのでは?ガムテープで密閉?などの疑問は置いといて、それを感じれただけで十分な映画だ。

で、レコードのスターマンは、ギターって弦が震えているのだな、ドラムって皮が揺れてるんだな、声って声帯が擦れてるんだなって感じる。結局のところ、名曲ってソースが何でも格好良いんだな〜



デビット・ボウイがLife on mars?書いた時にどれくらいのイメージがあったのかな?
キュリオシティが、火星でたった一人、誕生日に歌っていると思うとなんか泣ける。(まあ爺さんなので涙もろいです。2度目)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私は多分驚いている。

新作のレコードを買ったのが、プリンスのThe Greatest Romance Ever Soldのシングルなので、15〜6年前の事になる。で、久々にポールマッカートニーのベストを買って感じたのが、新品のレコードってこんなに帯電しているか?って事だ。

ジャケットからレコードを取り出そうとすると、それなりの抵抗があり、取り出した途端に、外盤にありがちな、紙くずなのか、はみ出した糊の破片のようなものが、ふわりと舞ってレコードにぴたりとくっつく。普通ならば軽く息を吹きかければ取れるのだがダメで、レコードクリーナで、なんとか取り、リマスターはどうなんだろう?重量盤は凄いのかな?と期待をしながら一曲目のMaybe I'm Amazed。

Maybe I'm 〜のレコードはオール・ザ・ベストしか持っていないので、それとの比較になるが、イントロは上品な感じ、リズムが入ったところでベースが低い位置で聞こえ、バランスが凄く良くなったように感じる。って言うかポールらしいバランスで、これなら他の曲と馴染むだろな〜と思ったところでポップノイズ発生!
クリーナーで擦ったからよけいに静電気が増えちゃったかな?とか考えつつ我慢して聞いていたのだが、1面終わって盤をひっくり返そうとするとバチっとノイズが・・・
一応おまじないの様な静電気除去ブラシで軽く擦てから2面を聴き始めたが、やはりポップノイズが・・・
新品のピカピカのレコードにはしたくはなかったが、レコードの内側の音の無い所を触って放電を心みる。「あ〜指紋ついちゃったな〜」と後悔しかも効果なし。

レコードに詳しい友人に聞いたらあるあるだそうで「気になるならじゃぶじゃぶ水洗いしてください!」との事。普段は300円位の中古レコードを洗剤とブラシでガシガシ洗っているのだが、流石に新品の外盤を洗う気がしない。(外盤は水かけるとレーベルの糊が溶けて汚くなる事があるので)
まあ全部ひっくるめてレコードの良さと言い聞かせ、4枚聴き終え思った。ポールは全部格好良い!

静電気と戦いながらレコードを聴く事のもどかしさを感じている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Housequake

プリンス/サイン・オブ・ザ・タイムズ Blu-rayを買った。
当たり前だがDVDより画質が良くなっている。で、その効果でステージセットのゴミがはっきり見える。

レコードのサイン・オブ・ザ・タイムズは素晴らしいアルバムではあるが、訳詞がもの凄く読みにくかった。
今回のBlu-rayは訳詞が素晴らしい。もともとライブ風の作品なので、歌詞は訳してないことが変だと思っていた。
サイン・オブ~は発売当初のものとも、アルティメットベストとも別物で、細かなフェイクまで丁寧につけられた訳がもの凄くしっくりくる。国内盤が多少高くともここまでやってくれるなら、もっと払っても良いかな?と思ってしまう。

しかし、訳詞は難しいもので、テレビでタレントさんがマイケルのビリージーンの歌詞を「僕の子供ではない」の一部だけを指し「くだらない」とほざいていた。
個人的にこの表現がある事でビリージーンが、ありがちな奇麗な女性ではなく、怖くて痛い事がガッチリはまって見事な歌詞だと思う。
直訳に近い状態で誤訳にならずにイメージを日本語にするのは難し事だと思うが、こっちはそこにお金を払ってるのでうまくやってほしいものだ。

Img_1109_2

今回のHD化で音声、映像共にくっきりとしたが、一番ハッキリしたのは、Sheila Eはノーブラでキャットはスポーツブラをしている事だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あなたがここにいてほしい

人間ポジティブに前を見て生きるべきなのだろうが・・・・真っ直ぐ後ろ向きにPink FloydのDiscovery Box Set買ってしまった。
色々な意味で「正気か?」と思う。BOXがつぶれているし、ブックレットがかびだらけ、のり付けが雑過ぎて「狂気」のジャケットがバラバラだ!ちっくしょ〜返品手続きが面倒なので、このまま聴くけど。

しかし、内容は格好良い。ギルモア加入後のが圧倒的に好きなのだが、順番に聴いていくと初期もやっぱり素晴らしい。子供の頃は野暮ったい感じがしたのだが、改め聴くと生々しく感じる。CDで丁度良い感じの音。

正直なところ「狂気」はLEDの付いたジャケットのが良かった気がするし、アナログと比べるとちょっと物足りない。って事で結局レコードを聴いている。う〜〜ん無意味だ!まあこの値段で全部揃ったって事で良しとしよう。そして、

P
真っ暗なロック喫茶の隅の席でごにょごにょするにはPink Floydは良かったな〜と思い出に耽るのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貴方を愛しつづけて

結局、デラックスエディションで我慢する事にした。夜勤明けで、ぼ〜っとしながら、聴き始めているので、音の違いがよくわからないまま圧倒されている。

イーグルスやビリージョエル等の絶対に売れる人のリマスターやベスト盤は、あからさまにレベルが上げてあったり、発売当時より派手な音になっている。それが正しいとは思わないが、私は好きだったりする。
プリンスのグラフィティ・ブリッジ(1990年)CDとアナログを聴き比べた時「CDってイマイチだな〜」と思ったりしたのだが、ゴールド・エクスペリエンス(1995年)の頃には「CDって盤をひっくり返す必要がないって素晴らしいな〜」と思うようになった。

遥か彼方の大昔、大きめの箱に入って3300円もするCDの事が、私は嫌いだったのかもしれない。
老眼が進み、「針にゴミついてないか?カンチレバー曲がってないか?」と確認するのが辛くなった今、CDはありがたく、CDでありながアナログ盤の印象に近いリマスター盤はよりありがたい。細かなミックスの違いや、音色等はこれからじわじわ、ねちねちと楽しむとして、おまけのCDもなかなか良い。

もしも、ジミー・ペイジに会う事があったとしたら絶対に「なんで?どうして?」と質問攻めしてしまうだろう。「そんなことをしたら絶対に嫌われちゃう・・・・どうしよう?」と長年、乙女のように苦しみつづけ、ブートを買い、書物を買い、ポスターを丸一日眺めながら妄想しつづけた悲しきおっさんたちに、ちょっと種明かしをしてくれている。同じ部屋で同じ空気を吸ってみたかったし、リハも見たかった。それは無理な事だが、スタジオの扉がちょっと開いていて、それを盗み聞きしている感じ。で、やっぱりジミー・ペイジはミステリアスだ。
Zep3
ジャケットサイズが微妙に小さくなっているのが、またミステリアスだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国立競技場

Img_0737

マラソン門北ゲートにたどり着く前に中止・・・・
ビラが配られていたので、もらおうとすると「配って下さい!」とわたされてる・・・・・
何か意味わからないままに、人々に囲まれビラを配る。
端ではあるが、かなり前の席だったので残念。
とにかく元気になって欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

YES

良くない事と思いつつ、昔の音楽ばっかり聞いていているのだが「懐かしな~」とレコードを買って聞いてみると意外につまらなかったり、音が悪かったりすので、リマスターのベスト盤を買い「この辺で勘弁してやろう!」と思う事にしている。

Img_0656YESは昔もの凄く聞いていたのにアナログ2枚とイエスソングス(←まあベスト盤みたいなものだけど)のCDしかなかったのでStudio Albums 1969-1987を買ってみた。
色々な意味で「正気か?」と思う。
価格一枚あたり安さ、ジャケット、BOXの作りの雑さ、ボーナストラックの多さ、情報の少なさ。
ありがたみが無い感じがするが演奏はやっぱり格好良い!ジェネシス、クリムゾン、ピンクフロイドもこんなBOX出してくれないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リマスター

レッド・ツェッペリンのリマスターが発売される。
記憶が曖昧だが、今までの流れは、初CD化、BOXセット、リマスター4枚組、2枚組、BOXセット、マザーシップ、今回って感じで、3回目のリマスターって事になるのかな?

Img_0653まあアナログが全部あってリマスターの4枚組があるので、マザーシップも音が良くなった事知っていながら、買わなかったのだが、去年4枚組の一枚が音飛びするようになり、アナログのファーストを紛失し、狂熱のライヴ~最強盤を持っていなかったので、今年リマスターが出る事を知っていながらデフィニティヴ・ボックスセットを買ってしまった。

今回のリマスタースーパーデラックスエディションおまけが魅力的過ぎる。
しかし・・・・
本当に完全生産限定盤なのだろうか?
最終的にBOXは出るのだろうか?
出るとして価格は20万を超えるって事だろうか?
そんなBOX買う人いるのだろうか?
デラックスエディションで手を打つべきか?
幻惑されるな〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トゥルーバイパス

歌いながらあの衣装でギターを弾くのは面倒なんだが、ステージでギターを弾くのは結構楽しく辞められないのだ。滅多にライブをやらないのにセッティングは毎回変えていて、今回も変更するつもりで取り組んでいる。
眼が良くないので、見やすさと抜群の踏みやすさ、ミュート代わりに使う際ポップノイズが出ない理由でBOSSのチューナーTU-2を使っている。これを使っていると色々なギタリストから「トゥルーバイパスじゃないから音悪くなりますよ~」と言われるが、私には繋げるだけノイズが減って扱いやすい魔法のチューナーに思える。
チューナー以外エフェクター1~2個しか並べないので、音痩せが気になった事が無かったのだが、今回一つエフェクターを増やしたら音痩せ?的な現象が起きた。
TU-2~LS-2~(ループで~X~)~SANS-ピーターソンの順で全部オフで「まあ~アンプ側のセッティングでなんとかなるかな?」程度なんだが、SANSで歪ませた時の抜けが悪いって言うか下品な低音が減っている感じ。

Xにはレベルが無いのでLS-2で持ち上げるしかなく、アンプ側のチャンネルで使い分ける手も有るのだがSANSとの併用が出来なくなる。全てトゥルーバイパスにする為BOSS2台を他社の物に買い替えるのはもったいないし、トゥルーバイパスにする事が絶対に正しいとは思えなかったし。
クーラー屋の感覚だと電源、信号線は短く太い単線が良いので、ACアダプターの引き回しを凄く短く切り、平行の0,8ミリに変えてみたら、それなりの改善が出来た気がして、秋葉原で2000円位の材料費で済んだが、これが正解なのかはよく解らない。

Bosssa_3昔、トランスフォーマの本郷氏が死ぬ程エフェクター並べていながら鬼の様な太い音を出していたのが不思議で色々と話を聞かせてもらった時に「結局は出音なんで、調整すれば関係ないっす!」ってシンプルな答えが正解なのがちょっと解った気がする。

BOSSとSAシューズの相性は抜群だ。

| | TrackBack (0)

Romantist Taste 2012

The Yellow MonkeyのRomantist Taste 2012が発売されている。
購入者の中から抽選で8cmCDが当たるのだが、熱心なファンは応募するのだろうし、当たったら嬉しいだろうが・・・・カップリングでティラノザウルスが入っている。当選者は怒ってないだろうか?心配で夜も眠れない・・・まあ嘘だけど。

この話の前にボインマンから連絡があって「特典にするからよろしくね〜ティラノやるんだろう?フェイスブックにティラノの名前も出しとくから、宣伝になるだろ、感謝しろよ、さっさと名古屋帰れ」と励ましの言葉を頂いた。直ぐに日記に書こうと思ったが、フェイスブックへのリンクの掛け方が解らず。これで良いのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧