« 私は多分驚いている。 | Main

Starman

今更ながらジギースターダストのリマスターアナログ盤を買った。家に可愛い3人の娘が居た頃、私がジギースターダストを聞くのが嫌だったのか、何度も飛び乗られ、爪の傷はつかなかったのだが、その時に垂らされたヨダレが盤を駄目にしてしまった。

最近、予備知識無く映画「オデッセイ」を見たのだが、勝手に「ゼログラビティ」的な緊張感あふれるSFだと思っていた。で、見終わった感想は「鉄腕ダッシュ」に近いものだった。
(「ゼログラビティ」もジョージクルーニーの出てるシーンは全部笑いがあり、もっといえば「ソラリス」で、ジョージクルーニー宇宙に居るだけで、私は面白いと思う。)
映画は絶望的な状況のなか、ディスコの名曲達が効果的に使われ、悲壮感なくストーリーは進む。

そして、デビット・ボウイのスターマンが流れると不覚にも泣けた。(まあ爺さんなので涙もろいです。)原作読んでないけど、火星にディスコミュージックしか持っていってない設定がメチャメチャ効いている。

48khzの音声で聴くスターマンは、どこまでも伸びやかで、スターマンは人間でも、宇宙人でもなく、希望に満ちた意思を持つ電波のようなものだと再確認出来る。
重力がちゃんと描かれてないのじゃないか?マーズパスファインダーじゃなくて、キュリオシティを使えばもっと上手く交信出来たのでは?ガムテープで密閉?などの疑問は置いといて、それを感じれただけで十分な映画だ。

で、レコードのスターマンは、ギターって弦が震えているのだな、ドラムって皮が揺れてるんだな、声って声帯が擦れてるんだなって感じる。結局のところ、名曲ってソースが何でも格好良いんだな〜



デビット・ボウイがLife on mars?書いた時にどれくらいのイメージがあったのかな?
キュリオシティが、火星でたった一人、誕生日に歌っていると思うとなんか泣ける。(まあ爺さんなので涙もろいです。2度目)

|

« 私は多分驚いている。 | Main

1.日記」カテゴリの記事

2.ミュージック」カテゴリの記事

6.オーディオ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/63823046

Listed below are links to weblogs that reference Starman:

« 私は多分驚いている。 | Main