« Romantist Taste 2012 | Main | フェイスブックを »

トゥルーバイパス

歌いながらあの衣装でギターを弾くのは面倒なんだが、ステージでギターを弾くのは結構楽しく辞められないのだ。滅多にライブをやらないのにセッティングは毎回変えていて、今回も変更するつもりで取り組んでいる。
眼が良くないので、見やすさと抜群の踏みやすさ、ミュート代わりに使う際ポップノイズが出ない理由でBOSSのチューナーTU-2を使っている。これを使っていると色々なギタリストから「トゥルーバイパスじゃないから音悪くなりますよ~」と言われるが、私には繋げるだけノイズが減って扱いやすい魔法のチューナーに思える。
チューナー以外エフェクター1~2個しか並べないので、音痩せが気になった事が無かったのだが、今回一つエフェクターを増やしたら音痩せ?的な現象が起きた。
TU-2~LS-2~(ループで~X~)~SANS-ピーターソンの順で全部オフで「まあ~アンプ側のセッティングでなんとかなるかな?」程度なんだが、SANSで歪ませた時の抜けが悪いって言うか下品な低音が減っている感じ。

Xにはレベルが無いのでLS-2で持ち上げるしかなく、アンプ側のチャンネルで使い分ける手も有るのだがSANSとの併用が出来なくなる。全てトゥルーバイパスにする為BOSS2台を他社の物に買い替えるのはもったいないし、トゥルーバイパスにする事が絶対に正しいとは思えなかったし。
クーラー屋の感覚だと電源、信号線は短く太い単線が良いので、ACアダプターの引き回しを凄く短く切り、平行の0,8ミリに変えてみたら、それなりの改善が出来た気がして、秋葉原で2000円位の材料費で済んだが、これが正解なのかはよく解らない。

Bosssa_3昔、トランスフォーマの本郷氏が死ぬ程エフェクター並べていながら鬼の様な太い音を出していたのが不思議で色々と話を聞かせてもらった時に「結局は出音なんで、調整すれば関係ないっす!」ってシンプルな答えが正解なのがちょっと解った気がする。

BOSSとSAシューズの相性は抜群だ。

|

« Romantist Taste 2012 | Main | フェイスブックを »

1.日記」カテゴリの記事

2.ミュージック」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/55791359

Listed below are links to weblogs that reference トゥルーバイパス:

« Romantist Taste 2012 | Main | フェイスブックを »