« 飛べエアロスミス | Main | ダーリン・ニッキー »

ブライアン・フェリー

ロキシーミュージックを格好良いと思うまでに長い時間が必要だった。(昔はロクシー表記だったと思う・・)初めてロキシーを見たのがヤングミュージックショウで、その印象が悪く興味も無かったのだが、中古屋で「サイレン」が5〜600円だったので取りあえず買ってみたが、特にそそられる事は無かった。

ジャパンを初めて聞いた時にもの凄くショックを受けた。当時得られる情報がミュージックライフと音楽専科しかなく、そこでの紹介が「新しい形のハードロック」だったから、あまりにもイメージが違いすぎてガッカリしたのだが、もったいないので聞きまくってたのと、あのルックスに憧れていたので「なんか格好良いな〜」と思い髪を染める程夢中になった。で、「この音楽はなんだろう?」と疑問が沸き、ベースはジャコパスの薄味みたいで、リズムはディスコで、ボーカルはお経の様で・・・・「どこかロキシーミュージックに似ているな〜」と勝手に思い、良く分からない理由でロキシーを好きになった。と、言いつつも最初に引っかかったのは「シーセルズ」エディ・ジョブソンの曲でロキシーの本道からはちょいズレた所だったが、この一曲がアルバムを毎日聞かせる程魅力的で、気がつくと「ラブ・イズ・ザ・ドラッグ」が一番好きになるが、その後、数枚買う程度だったが「フレッシュ・アンド・ブラッド」があまりに格好良く、ブライアン・フェリーのソロに収まらず「801ライブ」まで買ってしまう事となる。

見た目重視で音楽を聞いていたのだがデュラン・デュランは好きにはなれなかった。ロキシーとジャパンの劣化版の様に思え、見た目も健康的過ぎに思えた。ロッド・スチュワートが金髪美女を抱きまくっていても何の問題もないが、同世代の容姿と才能に恵まれた人が快楽的な生活を送っているのかと思うと妬ましかったのが、好きになれない一番の理由だと思う。その後、映画「バーバレラ」見てもの凄く感動し「この映画からバンド名をつけるとは並のセンスではない」と思うが、ベスト一枚買うのがやっとだ。

ロキシーは、正確にはブライアン・フェリーの音楽はスタンダードなR&Bに変な装飾を施したものに思える。時代によっては装飾を剥がして、むき出しのスタンダードを見せる事が最大の装飾だったりする様な気がする。
もの凄い偏見だが、ジャパンやデュラン・デュランはロキシーの装飾部分を膨らませたものに思えてしまう。


ロキシーの曲のが良かったような気がするのは私だけ?

|

« 飛べエアロスミス | Main | ダーリン・ニッキー »

1.日記」カテゴリの記事

2.ミュージック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/53435713

Listed below are links to weblogs that reference ブライアン・フェリー:

« 飛べエアロスミス | Main | ダーリン・ニッキー »