« 忌野清志郎さんの御墓参りに行ってきた。 | Main | Karibow 生誕50周年記念ライブ »

新井良太

昨日の試合で新井良太がサヨナラ打を放ち阪神を勝利に導いた。ドラゴンズファンであるが阪神の勝利を心の底から喜んだ。
ドラゴンズを愛しているのだが、もう何年も心の底からは応援できない気持ちがある。

野球は9人でやるもので、投手を抜くと野手は8人しかいない、この当たり前の事がもどかしくてならない。ここ数年イビョンギュ、セサル、ブランコ、グスマン(←執行猶予中)+佐伯(お試し期間中)、小池、川相、中村などなど、助っ人、移籍組がベンチを固め若手の出番がほぼ無いのだ。
この中で活躍してくれたのは中村と川相とブランコ(一年のみ)だけだろう。3割近く打った選手もいるが、チャンスでゲッツー勝敗決まってからのポテンヒットでは意味が無く、全部凡打で二軍に行って欲しいのだが、絶妙な具合で一軍に居座る技術を持っている。まあ、その程度の選手に勝てない若手も若手だが・・・・

大島はなんとか一軍定着。野本は十分チャンスをもらったので除外するとして、平田、堂上兄弟、福田、W岩崎、谷、藤井、田中などなど、伸び悩みなのかチャンスがないのか、レギュラーにも一軍定着も出来ない期待の星が二軍で大量にくすぶり続けている。

去年までは、新井もそのうちの1人で、打力、守備共に中途半端で監督の気まぐれとしか思えない場面でぼんやり打席に立ち、体型は兄に似ているが、筋肉の量が少なく、体もぼんやりしていた。でも活躍して欲しかったし、応援もしてきた。移籍が決まった時に兄とパックでうまいこと売り出してくれないかな〜と甘い期待をして、開幕一軍で胸を撫で下ろし、昨日の打席で歓喜した。
鉄平の様になるは無理でも阪神ファンに認知されて、愛されて、活躍して欲しいと切に思う。

それにしてもドラゴンズの一軍ベンチ・・・・・・未来が見えない。

|

« 忌野清志郎さんの御墓参りに行ってきた。 | Main | Karibow 生誕50周年記念ライブ »

1.日記」カテゴリの記事

3.ベースボール」カテゴリの記事

Comments

>「目覚ましい若手の勢い」みたいなのは感じられないまま〜
堂上兄とかスタメンで我慢すれば結果出すと思うのですが、落合なのか森なのか、他球団の戦力外を使い続けるとか、駄目外人我慢合戦が好きみたいなので難しいかな?

谷繁の後がまを作るより、谷繁を改造人間にして永遠に使うのが良いかな?

Posted by: karibow | May 04, 2011 at 06:15 PM

ニュースで良太のヒロイン見てて、下方から撮った顔が福原にちょっと似てるなぁと思いました。
福原の顔をもうだいぶ見てないので私の気のせいだと思いますが…

開幕戦行きましたが、ひさしぶりに見るドラゴンズ戦だというのに「荒木井端森野が出塁して外国人選手がホームラン」というなんとも見慣れた得点シーンだったりで、なんかこう、「目覚ましい若手の勢い」みたいなのは感じられないままスタジアムを後にしました。

あと谷繁もいよいよ引退の2文字が見える年齢になってきたと思うんですが、ドラゴンズのキャッチャーはどうなってしまうのでしょうか。

Posted by: mrkm | April 21, 2011 at 03:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/51444433

Listed below are links to weblogs that reference 新井良太:

« 忌野清志郎さんの御墓参りに行ってきた。 | Main | Karibow 生誕50周年記念ライブ »