« アナログプレーヤー | Main | 唇によだれ »

見えるもの

最近急に視力が衰えた。年齢的に老眼だと思っていたのだが、工事現場で弱電屋さん(LAN、警報機、スピーカー等の配線をする人)が「この現場に来てから眼が悪くなった」と話していたので、事情を聞いてみると私と全く同じ症状で、グラスウールが舞っている様な現場ではよくある事らしい。
で、早速病院に行くと「あ~角膜が無茶苦茶傷ついてますね~」と言われ、コンタクトレンズの使用を中止と、3種類の目薬を間隔を空けつつ一日4回(つまり1日12回)の点眼を指示される。
3日もすると元通りに見える様になり、2週間後の検査では視力が以前より良くなっていた。瞼の裏にも傷があり、それが無くなるまで点眼を続けなければならないが、順調に行けば間もなく完治との事らしい。

多少視界が良くなった眼で、地下鉄で移動中、乗り換えの為エスカレーターでホームに下る。登り、下り共に2本のエスカレーターがあり、中央よりで下って行くと、隣の登りが止まっていて、車椅子とそれを支える二人の駅員で塞がれた状態で人が立ち往生していた。

私はこうした状況に出くわすと、直ぐにしゃしゃり出て助けようとする。それは善意ではなく、見た目より力がある事を自慢したいとか、助けた相手が大富豪で「私の有り余る富を君にあげよう」とか、助ける姿に感動した若い娘が「素敵!直ぐに抱いて!」みたいな事が起こったらいいな〜という、いやらしい気持ちからである。しかし、残念な事に報酬は飴かみかんが相場だ。

エスカレーターを逆走しようか?と思った瞬間、下の方に不思議なものが見えてしまった。ぼんやりとした黒い煤の様であり、濃い影の様であり、映画やテレビで幽霊を表現する時に使うCGの様な奴だ。

車椅子には駅員二人付いている、無線もあるだろうから助けは直ぐに来るだろ、下で何かが起きているんだろうと思い下まで降りて、エスカレーターを歩いて登って行く「何か手伝える事ありますか?」自分でもビックリする程滑舌良く声がでて響いた。数人が道を開けてくれるとおじさんが頭を下にして斜めに道を塞ぐように倒れていた。

ステップには血だまりがあり、スーツ姿のお兄ちゃんが1人でおじさんの頭を支えている。お兄ちゃんが「すいません、もう手がしびれちゃって、ちょっと代わって下さい」と、仕事の途中らしく、スーツが汚れないようにもの凄く不自然な姿勢で頑張っている。おじさんは頭を切ってまだ出血しているので、買ったばかりの東京スポーツで頭をくるんで抱きかかえる。

こうした場合、医者じゃないので動かして良いのかと悩むが、頭が下ってのはってのはさすがに不味いだろと思い、お兄ちゃんと二人で向きを変える。清掃か売店のユニホームを着たおばちゃんが、私とお兄ちゃんの鞄を持ってくれて「鞄はもってるから!連絡したから!」と少しでも手伝える事がないかと動いている。お兄ちゃんの手に有ったハンカチは、おばさんが持つ様な薄っぺらい柄物。きっと誰かが使ってくれと手渡した物だろう。

おじさんは意識があり、少し落ち着いてきたようで「すいません」と何度も繰り返していたが、ちょっと立ち上がれそうにない。お兄ちゃんと二人でホームまで下ろそうかとも思ったが、おじさん結構体格が良くて重いし、靴が血で滑るので上下2人の4人で行きたいが、周りには心配そうに見守るおばさん達しか居ない。
「大丈夫直ぐに駅員くるから」とおじさんに声をかけると駅員到着。状況を把握してないので「どうしましょう?」って。上げるか下げるしかないだろうと思っていると、お兄ちゃんがちょっと切れ気味に「まず上から降りて来る奴を止めてくれ」と言った。

4人掛かりでおじさんをホームまで下ろし、作業で使うタオルを数枚頭に敷いて横にする。鞄を持ってくれたおばさんが「かわりのタオル持って来るから」とか「洗って届ける」と気を使ってくれるのだが、私も仕事の途中だったので駅員の「ご協力ありがとう御座いました」の言葉を聞き地下鉄に乗って次の現場に向かった。

車内でもう一度東京スポーツを買うか悩んでいると、お兄ちゃんの「まず上から降りて来る〜」の意味が判ってぞっとした。私が見た黒い何かは、血を流して倒れている人を飛び越えて行く人の姿がそんな風に見えた事と理解出来たからだ。

|

« アナログプレーヤー | Main | 唇によだれ »

1.日記」カテゴリの記事

Comments

今晩わ~。
人を助けたり、ライブハウスを復元したりするKari様…、尊敬の眼差しです。
眼、お大事に…(;_;)

Posted by: トモチン | July 18, 2010 at 09:07 PM

わたし、この現場見たかもしれません。
いつだったかははっきり覚えてないのですが、血まみれで倒れている人に駅員では無い男性が、気を紛らわそうと気遣って話しかけている様に見えました。なんで駅員じゃないんだろうって不思議に思い、声をかけようかとも思ったのですが(私もしゃしゃり出るタイプなので)血が恐くてゴメンナサイ…(-人-)と思いながら通り過ぎてしまいました。倒れている人も見られたくないだろうと思いしっかり見なかったのですが、その時声をかけていたらkari様とロマンスが生まれていたかもしれないですね。(*´∇`*)
無視して通り過ぎる人が多いので、例え邪な思いからだとしても、助けてくれる人は素敵だと思います。(∪。∪) チュッ☆

Posted by: いずみ | July 10, 2010 at 07:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/48774515

Listed below are links to weblogs that reference 見えるもの:

« アナログプレーヤー | Main | 唇によだれ »