« 傷だらけの天使 | Main | マイケル・ジャクソンについて色々思う事2 »

マイケル・ジャクソンについて色々思う事

マイケルジャクソンの存在を知ったのは小学5年か6年の時になる。当時、私はアメリカの人気テレビ番組パートリッジファミリーやオズモンドブラザースの世界感に憧れていた。1970年代のアメリカTVドラマは、ベトナム戦争、米ソ冷戦など多くの問題を抱えていたせいか「アメリカは自由で素晴らしく、人々は幸せに生きている」的なプロパガンダの為に作られていたような気がする。家族とバンドをやりたいとは思わなかったが、あんなドラマの中の家庭に生まれたかったと心の底から思っていた。

日本で家族のバンドなんてあり得ない!と思っていた時に登場したのがフィンガー5で、まあとにかく格好良かった。しかもボーカルの晃が同い年なのには驚き「もう床屋に行って刈り上げるのは嫌だ!」と真剣に思った。当時カラオケなどなくレコードに合わせて大声で個人授業を歌ってみたら変声期前だったので結構歌えて「私にも出来るのでは?」なんて思ったりしたが、フィンガー5がレコード大賞かなんかの賞を取った時に、徳倉俊一が「晃くんの天才的な声を聞いた時にマイケルジャクソンだと思った」的なコメントをしていて「あ〜やっぱり晃は天才で特別な人間なんだ〜」と思ったと同時にマイケルジャクソンに興味を持ち始めた。

よくラジオを聞いていたのでジャクソン5の存在は知っていたが、私の認識ではパートリッジファミリーやオズモンドブラザースやカーペンターズやらビージーズ、モンキーズ、ビーチボーイズも愛と平和の歌を歌う同じようなバンドだった。
1〜2年で私の興味の対象が「いかにもロック」的な物に変わっていき、このてのバンドは聞かなくなっていくのだが、ジャクソン5はディープパープルよりベースの音が大きくコピーしやすいという理由だけで聞き続けた。この頃初めて動くマイケルジャクソンをNHKで見た。「ベンのテーマ」だったと思う。

同じ頃、リバイバルで「小さな恋のメロディ」を観て感動したのだが、その時すでに、純粋で可愛らしいはずのトレーシーハイドが成長してエクソシストのリンダブレアーとあまり変わらない事に愕然とし、フィンガー5の晃も声変わりして、高音部分は兄の正男がファルセットで歌っていた。大人になることは残酷で厳しいものだと感じた。

マイケルジャクソンと関係ない話はまだまだ続く

|

« 傷だらけの天使 | Main | マイケル・ジャクソンについて色々思う事2 »

2.ミュージック」カテゴリの記事

Comments

あきらくんのまねをしてサングラスをねだったものの、あんな洒落た色眼鏡じゃなく石原裕次郎や渡哲也がかけそうなレイバン風黒眼鏡を父からのお下がりで与えられ、愕然とした幼少時代を思い出しました。

つい先日LONDON公演のリハーサル映像をワイドショーで観ました。
かっこよかった。歌えてるんだ、踊ってるんだ、ああ、観たかった、色々思いました。

日記の続き楽しみにしてます(^-^)

Posted by: さな | July 04, 2009 at 11:02 PM

上記の中では、私はビーチボーイズが好きですheart01
これまた、マイケル・ジャクソンとは関係ない話ですね(笑)

続きを楽しみにしてまーすnote

Posted by: | July 01, 2009 at 10:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/45508199

Listed below are links to weblogs that reference マイケル・ジャクソンについて色々思う事:

« 傷だらけの天使 | Main | マイケル・ジャクソンについて色々思う事2 »