« あの娘はハデ好き | Main | マイケル・ジャクソンについて色々思う事 »

傷だらけの天使

私は中学生の頃「傷だらけの天使」を夢中になって見ていた。興味の対象がゴジラや仮面ライダーからビートルズやストーンズに、欲しいものが十段変速の自転車からギターやアンプに、行動範囲が自転車で行ける所から、電車で行ける所に、見たいものが、おっぱいから、パンツの中の・・・
自分の中の感じ方や、価値が大きく変わって行く時期に見ていたので、非常に印象深く、自分の一部の様に感じてしまう。

初めて東京に来た時、このドラマの中でショーケンと水谷豊が暮らしていた代々木のビルを見学して、もの凄く興奮した事を今でも鮮明に覚えているのだが、もう30年前の事だったりする。で、このビル未だに存在していて、代々木駅前の一等地に廃墟の様に立っていて、前を通る時「たまらん〜たまらん〜」とか「夢の様〜な〜過去は〜消えてゆく〜」と条件反射の様に口ずさんでしまう昭和な私が存在する。

Angel_2最近このビルの前を通りかかった時、ネットに近々取り壊しと書いてあった事を思い出して、記念に写真を撮っていたら、知らないおっさんに「あんたもファン?」と声をかけられる。軽く雑談をして別れて、一階の営業している、そば屋さんの横で写真と撮っていると、このビルの関係者らしき人に声をかけられる。
「傷だらけの天使」のファンで、取り壊される前に記念撮影をしている事を説明すると、こんな話をしてくれた。

「いやね〜ファンの間じゃ、そんな話になってるらしいけど、二年前にネットに流れた事だろ?去年の夏位から世界中がどうかしちまっただろ?その影響で取り壊しも、立て直しも宙に浮いたままさ。今でも営業してる店が2軒、営業こそしてないが権利を売っていない店が数件。何しろここには地上げ屋が9軒も絡んでるから、まとまる話もまとまらないから〜しばらく取り壊しは無いから、安心して見に来なよ!」

色んな意味で安心出来る話ではないが「傷だらけの天使」の世界観に良く合う話で、カビと埃と下水の匂いがするなか、無人の店舗の中から黒電話のベルの音か響いていた。

|

« あの娘はハデ好き | Main | マイケル・ジャクソンについて色々思う事 »

1.日記」カテゴリの記事

4.ムービー」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。ショーケンのファンです。

不躾なんですが、こちらの記事、ウチのブログで紹介させていただきたいのですが。
どうぞよろしくお願いします。

Posted by: showken-fun | June 17, 2009 at 03:00 PM

お~ひさしぶりです。
「傷だらけの天使」は決して記憶に残るリアルタイムではないのですが、おぼろげに知ってはいます。
これ見て、見に行きたくなりました。
なんか「九龍」みたいですね…。

Posted by: BOW | June 17, 2009 at 07:03 AM

なるほどー。
世界中がどうかしちゃったおかげで、生き延びるかもしれないんですね。
でも、安心はできないですねdown

私はKaribowの日記がUPされたことで、
おー、お元気なのね♪って、すごく安心しましたーhappy01heart04

Posted by: ぽん | June 16, 2009 at 10:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/45361282

Listed below are links to weblogs that reference 傷だらけの天使:

« あの娘はハデ好き | Main | マイケル・ジャクソンについて色々思う事 »