« 大日本人 | Main | 家賃かよ! »

カートリッジ交換

アナログプレーヤーの針は3年に一度位のペースで交換してきたのだが、貧乏症なので古いものを保存しておいて、新しい物と音色を聞き比べて、聴感上変化がないと古い物を使い続けるセコいまねを続けてきたら、針を交換してもさほど変化がない事に気づいた。
年齢と共に聴力も衰えて来てしまったのかも?と不安になる。

セッティングの時、同じ曲をCDとアナログ同時に回して定位や音色のチェックをするのだが、シュアーM44GはCDに比べて出力が小さく、ボリュームを調整しながら聞き比べるのだが、その時の聴感上の差が2〜4dBが、最近4〜6dB位に感じたので、出力レベルの問題があるのでは?と思いカートリッジごと交換する事にした。

M44g1秋葉原にある激安店で44-7か44Gか30分程悩んで結局44Gを購入。
何時もはシックかエルボウ・ボーンズ&ザ・ラケッティアーズで音を決めるのだが、CDとの差を確実に確かめる為にイーグルスの「呪われた夜」とスティーリー・ダンの「リキの電話番号」で音決めをしてみた。

カートリッジの交換は正解だった様な気がする。バーニーカルロスのゴーストノートがハッキリ聞こえて、イアン・ペイスのペダルの戻りノイズまで鮮明に聞こえる。フリード・ウッド・マックに針を落とすとスティービー・ニックスのパンティが見えてくる気がする。
しかし、バーダイン・ホワイトがどの指でバキバキ言わせてるのか良く判らない。

だから何だと言われればそれまでだが、オーディオファンってこんな事で快感を感じてしまうのだろう。

|

« 大日本人 | Main | 家賃かよ! »

2.ミュージック」カテゴリの記事

6.オーディオ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/15629070

Listed below are links to weblogs that reference カートリッジ交換:

« 大日本人 | Main | 家賃かよ! »