« やっぱり鳥良の手羽先は美味い! | Main | カートリッジ交換 »

大日本人

一昨日、映画「大日本人」を見て来た。
HPのストーリー(大日本人の秘密35)を読んだだけで、予備知識も無く見たのだが、可笑しく、切なく、虚しく、悲しい。私の趣味は偏っているのかもしれないが、素晴らしい映画だと思えた。
映画館を出てから、松本人志演じる大佐藤に付いて考えた。っていうか頭から離れない。記憶を辿って頭の中で何度も繰り返し考えると笑えて切なくなる。

ストーリーやテーマとは別の事になってしまうが、大佐藤が幸せを感じる時って何時なんだろうか?
子供に会いに行く時は、思い込みであり勝手な希望になるので違う気がする。
名古屋で「デラ・アモーレ」を歌う時も、発散しているだけなので違う気がする。
時々見せる笑顔は照れであり、ポーズなので違う気がする。

最初に折りたたみ傘のシーンで「必要な時だけ大きくなる所が素晴らしい」『ふえるわかめ』も同じ様な説明で、二つは同質の物で大佐藤が大日本人である事のフリの様に思えた。今考えると『ふえるわかめ』は折りたたみ傘の意味合いを隠すカモフラージュだと思う。
ラスト近くの立ち飲み屋を出て折りたたみ傘を広げ「大日本人だ」と自分に言い聞かせるように歩き出す。この時が大佐藤の唯一の幸福の時間だった様に思えるし、無茶苦茶なラストにつながる最高のブリッジだと思える。
だとしたら、それがどうしようもなく切ない。
このどうしようもない気持ちを紛らわす為に、今日鞄の中に折りたたみの傘を入れて出かけた。

Dainihon「大日本人」の映画評を読んだら、絶賛はされてないようだった。
「是非お子様にも進めて上げて下さい!」とは言えない映画だが、蜘蛛に刺されて体から糸が出る様になってしまう映画が普通なら、電気を通されて大きくなってしまう人の映画も何の不思議もない普通の映画だと思うのは私だけだは無いと思う。

|

« やっぱり鳥良の手羽先は美味い! | Main | カートリッジ交換 »

1.日記」カテゴリの記事

4.ムービー」カテゴリの記事

Comments

ほう。
じゃあ期待しとこ。
レンタル待ちで。

Posted by: gami | June 17, 2007 at 05:23 AM

笑えて切ないっていうとトカゲのおっさん的なコントを思い出します。
さっさと見に行こうと思いつつズルズル遅れてます。

>「是非お子様にも進めて上げて下さい!」
甘みは効いてもシュガーレスですね。

Posted by: amsbo | June 16, 2007 at 07:03 AM

「大日本人」見たいんです。
出張から帰ったら見ます。
KARIBOWさんの日記を予備知識で。

Posted by: BOW | June 15, 2007 at 07:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/15436677

Listed below are links to weblogs that reference 大日本人:

« やっぱり鳥良の手羽先は美味い! | Main | カートリッジ交換 »