« 偉大な父親 | Main | 四月に降る雪 »

球春

我ドラゴンズはスワローズに逆転勝ち。
初戦から泣けてきた。8回エース川上がリグスに逆転ホームランを打たれ、その裏福留、ヒットで出塁するもウッズがゲッツー。敗戦濃厚と思われた時、李炳圭がフェンス直撃のツーベース。
オープン戦を見る限り李炳圭打てる気配なし。ここまで左腕石井に対しても全くタイミング合わず「右腕木田なら打てるかも?」と根拠の無い期待が現実になった。

0330nori8回裏2アウトランナー2塁、1点ビハインド、バッター中村。
「野球の神様っているんだな〜」と思わせられる場面。中村既にヒット一本打っているが、ここで打つかどうかで評価が大きく別れる。
球場内が期待で爆発しそうな中で中村は強振、ボールが右中間を割って転がり同点、エース川上の負けが消える。2塁ベース上で中村ヘルメットを脱いでファンに頭を下げる。
勝った負けた、打った抑えた以上の物が球場にあって、その中心に中村が居た。

続く森野が敬遠され、バッター谷繁、去年まではベンチ入り捕手が2人なのだが、今年は3人。
その戦法が早速いかされ、代打立浪がコールされる。中村も特別な人間なのかもしれなが、立浪はもっと特別な人間だった。中村の時が興奮のピークと思いきや、代打立浪というもっと興奮の場面が待っていた。
プロ入り以来初のベンチスタートとなった立浪。走者が中村、森野とそれほど足の速くない場面で立浪はカウントを2-3とし、単打で逆転の形を整える。この時点で立浪の勝ち。
しっかり単打で逆転。野球の神と勝利の女神が爆笑している。

たった一つの勝利だが、沢山のドラマがあった。野球は素晴らしいと痛感。

|

« 偉大な父親 | Main | 四月に降る雪 »

1.日記」カテゴリの記事

3.ベースボール」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/14464477

Listed below are links to weblogs that reference 球春:

« 偉大な父親 | Main | 四月に降る雪 »