« 映画の話。 | Main | 中村紀洋 »

自主制作映画

ものを作る事って大変だと思う。バンドでこんなに大変なのだから映画ともなるともの凄い事だと思う。
製作の過程はそれぞれだろうが、問題は発表の場所だ。
バンドならライブハウスがあって、採算度外視なら買い取りで舞台に上がれる。どうしてもやりたければ道ばたでも歌う事は可能だ。

映画はそういう訳には行かない。暗い道でいきなり映写機をまわしてるストリート映画監督ってまずいない。
映画は映画館のスクリーンに映すものなので、映画館を借りなければならない。映画館を借りるって結構な金額になる。色々な企画を持ち込みホール側と交渉し今回劇場公開にこぎつけたのだろう。
私は、曲を作るって形でしか関わってないが、色々厳しい事があったことは安易に想像出来る。

私は、小さな劇場で暗闇の中でスクリーンを見ている。同じ暗闇の中にその映画に関わった沢山の人がいて、一つの作品に関わった不思議な感覚を共有している。
映画館の椅子に座りスクリーンを見る事の楽しさを思い出させてくれた事と、何かを作る楽しさを川野弘毅に再確認させてもらった事を感謝する。

Lip2私が音楽を担当した「リップシンク」は2月7日(水曜日)8時30分より(当日券:一般1500円、学生1400円、シニア・会員1000円)シネマアートンでオムニバス映画「over8」「over8」の後に上映されます。
是非見に来て下さい。

|

« 映画の話。 | Main | 中村紀洋 »

1.日記」カテゴリの記事

2.ミュージック」カテゴリの記事

4.ムービー」カテゴリの記事

Comments

kat様、ご来場ありがとう御座いました!心から感謝します!

Posted by: karibow | February 15, 2007 at 12:23 AM

気の利いた感想も言えず、
バレンタインっぽいものを渡すわけでもなく、
挙動不審ですいませんでした・・・

カリボウの音楽を、スクリーンを通して楽しむのは素敵な体験でした!
映画にとっても合っていたし、ラストでまたかかる所とか、凄く良かった。
川野監督の作品は充分なキャッチーさが有って好きでした。

Posted by: kat | February 08, 2007 at 11:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/13799995

Listed below are links to weblogs that reference 自主制作映画:

« 映画の話。 | Main | 中村紀洋 »