« おばちゃん | Main | 沢山のメール予約ありがとうございました! »

ラ・ママってどんなところ?

HEESEYを見に来る方だと思うのだが「ラ・ママって何?」ってメールが数通届いた。
まあ考えてみれば、これだけ沢山の人がブログを見に来ているにもかかわらず、動員に反映されてないのはライブハウスの楽しみ方の説明が一切ないってのは不親切だと今頃反省している。

とりあえずラ・ママにアクセスしていただきたい。ネット環境の悪い人には厳しいフラッシュを我慢していただいて、 aboutをクリックしていただくと、about>accessに所在地、電話番号等ありますので確認して下さい。about>holeに店内の様子が見れるようになっています。

当日の流れとして
メール予約されて開場前に到着されたら、入り口付近にKaribow&SBFのスタッフがチケットの引き換えをしています。
そこで「メール予約した○○です」と言っていただければ、料金2800円と引き換えにチケットをお渡しします。整理番号順に並んで、ラ・ママの受付でチケットを渡してドリンク代(600円位だと思う)を払えば入場できます。

ここで2つの難関があります。まずKaribow&SBFのスタッフが誰だか判らない。出来るだけニコやかに「Karibow&SBFのチケット〜〜」と声を出させるようにしますので、頑張って探して下さい。
次にラ・ママの受付の人間が不親切な感じがしますが、ライブハウスで働く人の殆どがPAや照明、ブッキングマネジャーを目指す人なので、客商売の基本を知らなかったり、接客に対する意識が低いのですが悪気はありません。大きな心で許して下さい。

無事に入場してからも幾つかの難関があります。ドリンク代と引き換えに渡されたチケットをカウンターに行ってドリンクと交換します。非常に判りにくかったり混雑で並ばされた上、紙コップにつがれたドリンクを見て「これでいくら取っとるんだ!」と腹が立ちますが、それがライブハウスのランニングコストを生み出す物で、その極々一部が、素晴らしい音楽やロックスターの育成に対する投資だと思って大きな心で許して下さい。

会場内は喫煙自由で煙草を吸わない方には厳しい環境です。受付より外に出なければ退場した事になりませんので、目が痛くなったり、息苦しいと思ったら各自対処して下さい。

ラ・ママにはトイレが一つしかありません。数年前から増やして欲しいと社長に直談判してるのですが、まだ改善されてません。転換の時は非常に込み合いますので、演奏中でも構わずに行って下さい。ステージからは死角なので、友達のバンドの時でも決してバレません。

ラ・ママにはクロークもコインロッカーもありません。混雑が予想されるので身軽で来るか、荷物がある場合コインロッカーに預けてから来るかして下さい。

その他、ど真ん中に見づらい柱があったり、店自体がカビ臭かったりと、若干しゃくれ気味で調子の良い奴がウロウロしてたりとか、ホールや大箱ライブハウスでライブやコンサートを見て来た人には非常に厳しい環境です。

そうした不備を全部理解した上で私はステージに立っています。
その日ラ・ママであった全ての出来事が素晴らしかったと思わせる権利が私にはあると思ってます。
舞台に上がってよく知らない誰かを笑わせたり心を動かす事の出来るチャンスがあるってとんでもない事だと、
11月23日はそうした全てを楽しもうと思ってます。初めての人も常連さんも不可解な地下世界を楽しんで下さい。
11_2


「いらっしゃいませ!臭いけど楽しんでってね!」

|

« おばちゃん | Main | 沢山のメール予約ありがとうございました! »

1.日記」カテゴリの記事

Comments

うわっ、すごい親切ですねー(笑)。
でも、どこのライブハウスも、こういうガイドがあったら行きやすいかも。
HP等をどんなに見ても、こういうことってわからないですから。
23日、楽しみにしてますね♪

Posted by: | November 21, 2006 at 01:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/12736073

Listed below are links to weblogs that reference ラ・ママってどんなところ?:

« おばちゃん | Main | 沢山のメール予約ありがとうございました! »