« ミュージシャンの姿 | Main | 「いまさらロンドンブーツナイト」を終えて »

ミュージシャンの姿2

去年の5月ゲストで木暮"shake"武彦さんに出てもらった時、スタジオリハーサルでの事。
shakeさんはBOXのアンプとギターを持ってスタジオにやって来た。それほど付き合いがある訳ではないので軽い社交辞令を交わすが、shakeさん声のトーンが低い上に滑舌が悪く、話す言葉も感覚的で上手くコミニュケーションが取れない。

A1128私たちが音決めを終えてEキー、115BPM位で演奏を始める。shakeさんが適当に入ってくるのを待つのだがなかなか音を出さない。トラブルかな?と思い「問題ですか?」と聞くと「大丈夫」との返事。
電源もシールドも問題なさそう・・・指もピッキングもしっかりしている・・・・
んっ?運指だ!天下の木暮"shake"武彦がリハーサル前に運指をしている!しかも普通のスケール!
「このレベルの人がまだ基本練習をするのか!」と軽い衝撃を受ける。

A11281shakeさんのギターはマスターボリューム一つ。長い小指がそこにかかった瞬間にもの凄いプレーが始まった。私たちの乗りを完全に把握した上でドッカリとした存在感とスリリングなプレーで演奏を引っ張って行く。
休憩の時に「運指はいつもしているのですか?」と質問してみた。帰って来た答えは「うん。するよ。自由になれないからなね!」

何とも感覚的な答えだったが良く判った。一緒にスタジオに入りプレーしてみると今までshakeさんと話した事が理解出来て、その後の会話も聞き取りにくい事を除けば非常にスムーズに出来る様になった。もっと言えばshakeさんのイメージが直接頭に入ってくる様になれた。

スタジオに入って来た時のshakeさんの印象は「んっ?意外に姿勢が悪いのだな〜」だったのだが、ギターを下げて自由に弾きまくってる姿は、そこに木暮"shake"武彦が居るのではなく、ギターから木暮"shake"武彦がはえている様で、体型、姿勢その全てがギターを持った瞬間に完全体になるものだと思わされた。

ミュージシャンの正しい姿があるとしたらきっとこんな感じなんだろう。

|

« ミュージシャンの姿 | Main | 「いまさらロンドンブーツナイト」を終えて »

1.日記」カテゴリの記事

2.ミュージック」カテゴリの記事

Comments

凄いですね。
シャケだ!!

いいなぁ。
久しぶりにシャケがギター持ってるところ見ました。
うーん、いいなぁ。

Posted by: 六花 | December 04, 2006 at 01:32 PM

(笑)ほほが上がってとか下がって、手振りがつくとか…
すごい!カリさん!うんうん…とまたまた笑ってしまいましたよ。
また、シャケさん&三国さんで笑わせてくださいね!

Posted by: | December 03, 2006 at 12:24 PM

>声のトーンが低い上に滑舌が悪く…
>笑ってしまいました。その通り!
shakeに向かって「えっ?」って聞き直しにくいよね!
で、気がついたんだけどshakeさん実務的な話の時は、ほほが下がって表情、声のトーンが平坦になり、結論に近づくと相手が話終わる前に「うん」って返事しちゃいます。
で、音楽の話の時はほほが上がって手振りが付きます。で、普通イメージの話をする時に「う〜〜ん」って斜め上を見るのですが、shakeさんの場合相手の目を覗き込みます。
そんな仕草がミュージシャンだな〜って感じです。

Posted by: | November 29, 2006 at 12:46 AM

私が、カリさんファンになるきっかけはシャケさんでした。
シャケさんに感謝。
よくシャケさん家の青葉くんが、カリさんのものまねをしてるって日記に書いてありましたよ~。(今度、青葉くんに会ったらやってもらおう~笑)

>声のトーンが低い上に滑舌が悪く…

笑ってしまいました。その通り!

Posted by: | November 28, 2006 at 07:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/12855329

Listed below are links to weblogs that reference ミュージシャンの姿2:

» ミュージシャン研究会とは 【byミュージシャン研究会】 [ミュージシャン研究会]
ミュージシャン研究会では、世の中に数多く活躍するミュージシャンについて勝手に色々取り上げていこうかと思います。ミュージシャンといえば、若い頃多くの人が目指した職業のひとつではないでしょうか?ミュージシャンになるためには、ミュージシャン特有の才能がな...... [Read More]

Tracked on December 12, 2006 at 11:24 PM

« ミュージシャンの姿 | Main | 「いまさらロンドンブーツナイト」を終えて »