« Electric LadyLandへの道 | Main | Band of ShigeoRollover »

名古屋ell FIT'S ALLへ御来場の皆様、本当にありがとうございました!

14日Strange Bed Fellows の朝はオノチンから始まる。完全な夜型人間のオノチン4時まで寝れず、早朝5時半に起きて6時ちょい過ぎに出発。

7時、私に三国さんよりメール「起きたよ〜」忙しいので無視すると電話で「起きたよ〜」準備があるからと電話を切る。しばらくするとまた電話「道判る?」
「私は運転しないから、車に乗ったら連絡する」と言って切るとまた電話。
「何時に着く?」「準備があるんじゃボケッ!!!」と言いたい気持ちをおさえて「こっちを出るときに連絡する」と言って切る。

私が三国さんの相手で準備がはかどらない間にオノチンは、まず平石を拾い、マッチャを拾い、私の所へ。
それから、ケンヤを拾う。その間に荷物が増え続けるのでピックアップの度に積み替え作業。
8時10分三国宅近くに到着するも、三国さんの指示する道の遮断機がいっこうに開かない・・・「この時間踏み切りは開かんだろ!」と車内は怒号の嵐となる。

オノチンの判断で違う道を通り、駐車しやすい場所で三国さんと川田君をピックアップ。オノチンの適切な判断と私が感心してると三国さんは「あれ?道判らなくなったの?」と惚けた事を言い始める。

三国さんはオノチンが道を知らないと思ってか高速までの道案内をはじめるが246が空いていたのでそのまま走り続ける。予想通り三国さん喋りが止まらず、ターゲットはオノチンとマッチャ。

東名も比較的空いていて順調に走り続けるも三国さんのおしゃべりは止まらない。足柄で休憩。オノチンに運転交代を勧めるも「まだ寝れそうもないから運転する」との事。
そこから浜名湖まで三国さんは足柄の事を足軽と言い続ける。

浜名湖で運転をマッチャに交代。三国さんにオノチンを休ませてくれと懇願すると「判った!」と言った矢先からおしゃべり開始。私、ケンヤ無視。川田君、マッチャ、平石共に答えようのない話でオノチンが返事をしてしまう。

結局オノチン一睡もせずに名古屋到着。山本屋直行し味噌煮込みを堪能。入り時間より早くell FIT'S ALLに到着。直ぐ近くのホテルにチェックイン。
予定時間より早いが搬入だけさせてもらい、私は、楽屋周りの準備をしてホテルで仮眠。オノチンも誘ったのだが、シャケさんのプレーが観たいとの事でそのまま会場に残る。

メンバーからのモーニングコールで起きる。40分は寝れた。リハーサル開始、機材トラブル、セッティングの問題色々難題発生。ドラムの入れ替えが出来ないとの事でケンヤにかなりの負担・・・・

何とかリハーサル終了。メーク開始するもこの日は自分でメーク。メークさんに手順を教えてもらい一度練習してのぞんだのだが、スムーズに行かない。かなりテンパッテる状態で三国さんの質問攻めにあうのでますますはかどらない・・・・・しかし、どれだけ喋り続けたら満足するのだろうか?

ライブ!
終了後、楽屋ソファーでオノチン爆睡。楽屋に三国さんの友人が訪ねてくる。爆睡するオノチンをはさんで会話が弾む。30分程すると三国さん爆睡するオノチンを起して
「あ〜この人昔からの友達。オノチンは寝てていいから!」オノチン苦笑いで答えてから、意識を失う・・・・・・・・・恐るべき三国義貴。

|

« Electric LadyLandへの道 | Main | Band of ShigeoRollover »

1.日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Electric LadyLandへの道 | Main | Band of ShigeoRollover »