« 3月19日渋谷ラ・ママ | Main | ストーンズ雑感 »

You can't always get what you want

昨日ストーンズの東京ドーム公演に行ってきた。
ミックは来日のさい「WBCの決勝はプロの日本、アマチュアのキューバ、とても興味深い対戦になる」とコメント。
コンサートでの最初のMCが「ニッポン、ユウショウ、オメデトウ!ジュッタイロク・スゴイ!」でした。
確かミックはアスレチックスファンで1988年のドジャース対アスレチックスのワールドシリーズにアスレチックスのユニホームを着て観戦していたような気がする・・・
インサート画面だったかな?古い事であまり覚えてないけど・・・
リッキー・ヘンダーソン、カンセコ、マクガイヤの強力打線に対して、ハーシュハイザーが凄いピッチングをしてたのは覚えてるんだけど。

あまり良い席ではなかったのだが、不思議な事にキースやミックは肉眼でハッキリ判る。恐ろしい程のオーラが出てるんだろうな〜〜と感心。
しかし、毎度の事なんだが、日本公演で「ミナサン、イッショニ、ウタッテ、クダサイ!」とミックが「無情の世界」のサビを歌わせるのだが、声が小さい。

ライブ盤やDVDは勿論編集してあるのだろうが「ユーキャント・オールウェイズ・ゲチュ・ワッチュ・ウォント!」と観客が叫び倒してる。
「欲しいものが手に入るとは限らない」私の気持ちとして「何をやっても上手く行かんぞ!この野郎!!」と叫ぶ訳だが、これから行かれる方は是非「ユーキャント・オールウェイズ・ゲチュ・ワッチュ・ウォント!」と叫んで欲しいな〜〜〜

話は変わって・・
3月19日は御来場ありがとう御座いました!メンバースタッフ一同感謝しております!

で、MCでも話した事だけど、ゼネラル通商樣の全面協力でLIVEを行った訳だが、あれがラ・ママで生ピアノのを入れた編成で出せる音色、音量の限界だと思った。

ギタリスト不在をデメリットとせず、逆に個性として打ち出せないか?と苦心してきたのだが、他の出演者の半分の音量しか出せない事は、今さらながらきつい。
セッティングの都合、ステージで三国さんとアイコンタクトが取れない上、上手のモニターが邪魔な上、デットポイントがあって自分の声が聞こえない。

パーカッションが下手にくるとベースの平石の立ち位置がセンターに寄りすぎ、平石自体物凄く小さい音での演奏をしいられ、思うようなプレーが出来ず、私の動きまで目が行かないので、私は常にベースのヘッドの位置を気にしながらの動きになってしまう。

「これくらいのハンディがあっても問題なし!」と思っていたが、ストーンズ観ると自由に動き回って、ソロやらテーマはアイコンタクトのXタイム、エンディングはフィルなしの『せ〜〜の・ジャーン!』って感じのライブがやりたい!と思ってしまう。
メンバーの考え、機材、金銭含めて無理な事は判ってはいるので「You can't always get what you want」な訳だが、「But if you try sometime you just might find  you get what you need!」と叫び続けてみよう。

|

« 3月19日渋谷ラ・ママ | Main | ストーンズ雑感 »

1.日記」カテゴリの記事

2.ミュージック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95983/9223882

Listed below are links to weblogs that reference You can't always get what you want:

» THE ROLLING STONES A Bigger Bang Tour Set List 一覧 [気ままなNotes...]
 THE ROLING STONES(ザ・ローリング・ストーンズ)の世界ツアーが昨年5月に発表されてからあっという間に10ヶ月。昨年8月21日から始まった『A Bigger Bang Tour』は、北米〜南米〜中米で合計64本ものライブ(スーパーボウルのハーフタイム公演などは除く)が終了し、いよいよ日本上陸。昨日22日の東京ドーム公演より、いよいよJAPAN TOURが始まった。初日のセットリストと、これまでのセットリストを一挙公開!... [Read More]

Tracked on March 24, 2006 at 01:00 AM

« 3月19日渋谷ラ・ママ | Main | ストーンズ雑感 »