Blu-ray Audio

子供の頃、ロック喫茶でLED ZEPPELINの狂熱のライブのレコードを大音量で聴いた時、もの凄く感動した。スピーカーはJBLで、プレーヤーやプリ、パワーも国産のそれほど高価な物ではなかったと思う。(まあ当時の国産オーディオは音良かったけど)

Zeppelinで、狂熱のライブだけじゃなくZEPPELINの初CDは音が良くなかったと思う。4枚組リマスター大分良くなって、自分自身がCDの音に馴れたせいか、それほど気にせず聴いていたのだが、狂熱のライブBlu-rayの音がレコードより伸びやかで、低音がしっかりまとまって気持がよかった。
そんな訳で伝説のライブHOW THE〜2018リマスターは Blu-rayオーディオで買ってみた。2003年盤CDとの聞き比べなので比較にならなけど、かなり良い気がする。
ただ残念な事に家の環境では、オプティカル、コアキシャル共にダウンコンバートされるので、
サンプリングレート44.1KHZと48KHZの差しかない。まあそれでも充分良いけど。

Blu-rayオーディオってなんなのか?
Blu-rayプレーヤーのDAコンバーターがイマイチで、RCA接続してないので、確かめる方法はテレビのスピーカーで聴き比べるしかない。SONYの古いBRAVIAで一応サウンドバーが付いていて、それなりの音がするが、BRAVIAとの接続がミニプラグ!この時点萎えるが、我慢して聴き比べ。
凄い・・・・・・・
かなり初期のBlu-rayプレーヤーなのでDVD、CDの再生はおまけ程度の能力しかないのだが、それにしても違いがわかる。ZEPPELINの演奏がびっしり詰まっているデーターがここにあることが判っているのに、この音を自分のオーディオセットで聴く事出来ないのは残念でならない。ハイレゾ環境導入するしかないのか?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

The Beatles USB

知り合いからThe Beatles USB借りて試聴中。
まあ年齢的に聴力が落ちてきてるので、断言出来ないが凄く良い気がする。

リマスターCDが出た時に、分離が良く各パートが聴き取り安く、コピーしやすく、プレイの生々しさが伝わって来る事に感動した。(ただ疲れる。)

デアゴスティーニのアナログ盤。これは製造工程に問題があるの?原盤が悪いのか?歪んでいたり、クリップしたりしているのだが、値段が値段。この価格で新品のレコードが買えるだけで十分だと思う。(せめて検品しっかりしてくれ。)

Thebeatlesusb_2で、The Beatles USBはレコードの様な音色でありながら分離が良く、奥行きがある。
ただ残念なのがメドレーがつながらない!私が何か間違えてるのか?聴いてる間はパソコン使えない!メッチャ熱持つので借り物なので怖い!と色々問題があるが、一番の問題は限定生産って販売方法だろう。

レコードには調整、機材、管理の難しさがあり、CDには管理しやすさと機材の影響を受けにくいメリットと引き換えに、音その物の情報量の限界ってデメリットがある。
USBを初めて聴いて本当に凄いと思った。もっと多くの人がこの音に触れる機会があるべきだと思う。これが普及すればな〜とか、CDの規格がUSBと同じに変わればな〜とか思うのだが、それを求めている人少ないだろうな〜とも思うと残念だ。

The Beatles USBには、おまけでmp3が付いて来るのだが、これが丁度良い音の悪さが心地良い。ボーカルが前にペチャっと張り付いて「メロディと伴奏ですが何か問題でも?」と開き直っているようだ。
良い音源で聴きたい!もっと良いオーディオが欲しい!出来ればオーディオルームが欲しい!若い愛人も欲しい!そんな欲深い私にポールは「オッス!掃除や洗濯しながら聴いて良いよ!ポピュラーミュージックだし!」と諭されてる気になる。音楽に一番重要なのは気分なのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

惑星ソラリス

ど〜でも良い事なんだが、惑星ソラリスのブルーレイを買ってしまった。子供の頃に観たはずなのだが、内容をあまり覚えていない。
今では考えられない事だが、当時フィルムは何箇所かの映画館を持ち周りしていて、前半と後半が間違えて上映される事があったりした。
惑星ソラリスを観た時、フィルムの順番合ってるのか?物凄く不安な気持ちで観た事だけはよく覚えている。

ソダーバーグのソラリスを観て、こんな話だっけ?って思いながらも、あらすじ説明のような簡潔さで、あっさり観れたので、タルコフスキーも途中で、寝てしまうこと想定して、購入して観ようと思ってた。
で、実際観てみると、テンポが遅いのも味だし、セットがそれ程でもないのに説得力あるし、首都高で宇宙まで行けると思った。(嘘)
デルスウザーラの時も思ったんだが、ソ連映画のフィルムの色?現像?それが記憶や風景認知出来る限界ってこんな感じなのか〜って入り込みやすく、十分に楽しめ、観直して良かったと思えた。ただ、惑星ソラリスは、後遺症が残る。
2001年宇宙の旅がテンポの良い娯楽大作に、どの映画も会話が早く、イメージカットがサブリミナル位短く、画面がゴチャゴチャしているように感じてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

愛おしく思う事。

年中同じような音楽を聴いていると、どんなに古い音楽も懐かしくない。
古い映画もブルーレイやDVDやYouTubeや配信で見直しているので懐かしくない。
子供の頃、住んでいた近所にあった、新郊劇場や新瑞劇場の画像が見つけられたら懐かしく思うかもしれない。
でも今は、ツアー中に絶妙なタイミングで屁をこいたり。パンツから金玉だけとか、チンコの先っぽだけ出してふざけて大笑いしていた、くだらない時間が一番懐かしく、愛おしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Starman

今更ながらジギースターダストのリマスターアナログ盤を買った。家に可愛い3人の娘が居た頃、私がジギースターダストを聞くのが嫌だったのか、何度も飛び乗られ、爪の傷はつかなかったのだが、その時に垂らされたヨダレが盤を駄目にしてしまった。

最近、予備知識無く映画「オデッセイ」を見たのだが、勝手に「ゼログラビティ」的な緊張感あふれるSFだと思っていた。で、見終わった感想は「鉄腕ダッシュ」に近いものだった。
(「ゼログラビティ」もジョージクルーニーの出てるシーンは全部笑いがあり、もっといえば「ソラリス」で、ジョージクルーニー宇宙に居るだけで、私は面白いと思う。)
映画は絶望的な状況のなか、ディスコの名曲達が効果的に使われ、悲壮感なくストーリーは進む。

そして、デビット・ボウイのスターマンが流れると不覚にも泣けた。(まあ爺さんなので涙もろいです。)原作読んでないけど、火星にディスコミュージックしか持っていってない設定がメチャメチャ効いている。

48khzの音声で聴くスターマンは、どこまでも伸びやかで、スターマンは人間でも、宇宙人でもなく、希望に満ちた意思を持つ電波のようなものだと再確認出来る。
重力がちゃんと描かれてないのじゃないか?マーズパスファインダーじゃなくて、キュリオシティを使えばもっと上手く交信出来たのでは?ガムテープで密閉?などの疑問は置いといて、それを感じれただけで十分な映画だ。

で、レコードのスターマンは、ギターって弦が震えているのだな、ドラムって皮が揺れてるんだな、声って声帯が擦れてるんだなって感じる。結局のところ、名曲ってソースが何でも格好良いんだな〜



デビット・ボウイがLife on mars?書いた時にどれくらいのイメージがあったのかな?
キュリオシティが、火星でたった一人、誕生日に歌っていると思うとなんか泣ける。(まあ爺さんなので涙もろいです。2度目)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私は多分驚いている。

新作のレコードを買ったのが、プリンスのThe Greatest Romance Ever Soldのシングルなので、15〜6年前の事になる。で、久々にポールマッカートニーのベストを買って感じたのが、新品のレコードってこんなに帯電しているか?って事だ。

ジャケットからレコードを取り出そうとすると、それなりの抵抗があり、取り出した途端に、外盤にありがちな、紙くずなのか、はみ出した糊の破片のようなものが、ふわりと舞ってレコードにぴたりとくっつく。普通ならば軽く息を吹きかければ取れるのだがダメで、レコードクリーナで、なんとか取り、リマスターはどうなんだろう?重量盤は凄いのかな?と期待をしながら一曲目のMaybe I'm Amazed。

Maybe I'm 〜のレコードはオール・ザ・ベストしか持っていないので、それとの比較になるが、イントロは上品な感じ、リズムが入ったところでベースが低い位置で聞こえ、バランスが凄く良くなったように感じる。って言うかポールらしいバランスで、これなら他の曲と馴染むだろな〜と思ったところでポップノイズ発生!
クリーナーで擦ったからよけいに静電気が増えちゃったかな?とか考えつつ我慢して聞いていたのだが、1面終わって盤をひっくり返そうとするとバチっとノイズが・・・
一応おまじないの様な静電気除去ブラシで軽く擦てから2面を聴き始めたが、やはりポップノイズが・・・
新品のピカピカのレコードにはしたくはなかったが、レコードの内側の音の無い所を触って放電を心みる。「あ〜指紋ついちゃったな〜」と後悔しかも効果なし。

レコードに詳しい友人に聞いたらあるあるだそうで「気になるならじゃぶじゃぶ水洗いしてください!」との事。普段は300円位の中古レコードを洗剤とブラシでガシガシ洗っているのだが、流石に新品の外盤を洗う気がしない。(外盤は水かけるとレーベルの糊が溶けて汚くなる事があるので)
まあ全部ひっくるめてレコードの良さと言い聞かせ、4枚聴き終え思った。ポールは全部格好良い!

静電気と戦いながらレコードを聴く事のもどかしさを感じている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TEAC PD-H600

長年使い倒したCDプレイヤーの音飛びが頻発するようになったので、TEACのPD-H600を中古で購入。
DAコンバーターを使っているので、読み取りがちゃんと出来れば問題ないと思い、特に考えもの無く、定価を考えると物凄く安く、雨が降っていたので近所で買いたい!という理由だけで選んでしまったのだが、やっぱり音は違ってくる。中低域が伸びるというか、余裕があり、部屋が3畳位広くなったように感じるって事でまずは納得。

Pdh600このTEAC PD-H600にはシャーシアースが付いている。(取扱説明書には「つなぐと音がよくなるかもしれません。」と書いてある。いっそ「敵かな?味方かな?」位書いて欲しい。)
「オーディオ アース」で検索をかけると納得出来るものクレイジーなもの諸説出てくる。私はクレイジー寄りなのか、最初から電源コードにアースが付いている訳だから、そういう設計なんだろうと思い全部アースに落とす派で、レコードプレイヤーも箱開けて信号と電源部分のアースを分けて別のルートで落としている。まあ結局のところノイズが出ない事が一番の目的なので、人それぞれ違うセッティングになる訳で、正解は存在しないと思う。

家のセッティングで納得いかないのが、オーディオラックとして使っているメタルラックからアースを落とすとレコードのノイズが消える事。テスターで測っても、どの機材も接触してないのに?と疑問だった。で、今回試しにメタルラックのアースをPD-H600のシャーシアースにつないでみたら、ノイズが消えた・・・しかも今まで以上にスッキリと・・・

CDプレイヤーを買い替えて、レコードの音が良くなるという訳のわからない事になったが、CD数枚聞いて、ポール・マッカートニーのケイオス・アンド・クリエイション〜んっ?読まない!
TEAC PD-H600はCDエクストラ的な奴は読み込まないのだ。う〜〜ん・・聞けない物はレコードで買えって事か・・
Pmb

こんなの出るし・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フットマッサージャー

Massage_3最近、疲れやすく元気がないので、山善フットマッサージャー TIO-42買ってみた。
しかし、取扱説明書の禁止事項が納得いかない。

🚫フトンの中や、毛布をかぶせて使用しない。
物凄く気持ちよいぞ!
🚫たばこを吸いながら使用しない。
凄くリラックスできるぞ!
🚫素肌で使用しない。
素肌が一番気持ちよいぞ!
🚫使用中は眠らない。
気持ち良くて直ぐにねてしまったぞ!
🚫疲労が激しいとき。
疲労が激しいから使うのだぞ!
🚫酒に酔っているとき。
飲みながらが一番気持ちよいぞ!

結局、気持ちが良すぎて、寝てるか、座ってる生活になってしまい、元気かどうかがわからない・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Chinese Rocks

物凄くどうでもよいことなんだが、昨日の寝る前に↓これを見た?聞いた。

今日、綱島駅から現場に向かう途中、ブロンディのTシャツを着た女性とすれ違い、その後ろからジョニーサンダースのTシャツを着たおじさんとすれ違った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ケーブル地獄

デジタルケーブル、シェルリード線とオヤイデの商品が、あまりにも良かったので、XLR、RCA全部オヤイデに交換を試みる事にした。
ケーブルはPA-02V2、XLRプラグはノイトリックで3万円ちょっと。まずは、DAコンバーター~プリアンプ間を製作、きっと凄い音がするぞ~と早速繋いでみると....全然凄くない!
作り方間違えたか?と確認するが問題なし、フォノイコ~プリ間に繋ぎ直して確認しても同じような音質。

オーディオチェック用のCDを聞いてみると、ハンドクラップ、足音、シンバル単体、物凄くリアルで、何処にもストレスなく鳴っている。つまりオーディオケーブルとして性能は物凄く高いのだが、聴こえすぎで辛いのだ。
改めて安いカナレで聴いてみると、中低域がちょっと削れ、ハイの伸びもイマイチなのだが、丁度良い感じで、キックとベースがど真ん中に定位して、音に隙間が出来て演奏の息づかいが聴こえてくる錯覚がする。PA-02V2だと何もかも聴こえ過ぎで、プリンスとかアウトキャストとか聞くと完全に酔ってしまう。

結局プリ~パワー間だけPA-02V2にして、後は元の状態に戻して聴いている。シャーリー・バッシーやリッキー・リー・ジョーンズとかは気持ち良くなったが、ブルー・オイスター・カルトやユーライア・ヒープはちょっとおとなしいバンドに、ブラック・オーク・アーカンソーはパサパサした感じが薄れる。ケーブル選びはまだ続くのか?全ての音楽が気持ち良く聞こえるケーブルは存在するのだろうか?
購入前、店員さんに相談した時「基準としてPA-02V2を使って、そこから色々試しては?」と説明されたのに、14メートルも買ってしまった自分の馬鹿さが悲しい。
オイルヒーターの使いすぎで電気代の請求額が通常の倍以上。懐が恐ろしく悲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«雨にぬれても